リボルドウェからこんにちは。

オンラインゲーム「Granado Espada」の日々徒然日記です。

プレイバック・赤毛ちゃん

雪がすごくて外出たくないぃいいぃいい!

大会議に対する愚痴を書こうと思ったのですが、
終盤の「カノに言わせたいセリフ」に参加してしまった私が、果たして愚痴っていいものなのか迷っておりますので別の記事です。

どんなセリフをコメントしたかって?
「そんなの調べればわかるもん!」みたいなことを血迷って打ちました(キリ
のっけからフルスロットルで恥を晒しております、皆さんいかがお過ごしですか?
私は元気です。

さてさて。
街にも派閥にもPVPにも、いまや基本職に変わってGEの顔になってんじゃねーかというくらい増えた赤毛ちゃん(個人的呼び名)ことグランディス。
grandis_memory21.jpg
強いっつーこともまずあるんでしょうけど、編入クエストで彼女に惚れた人も多いのではないでしょうか!
あと、美人ということも多大にね!!

なので、今回はプレイバック赤毛クエ!をしてみようかと。
いきなり思い立ったのでやります。オーイエ。

ネタバレ的にはなってしまいますが……とはいえ、「開拓者グランディス」を出した時点でもう周知の事実だろうとは思うので書いちゃいます。
彼女はウスティウルにドドーンといる豪傑グラングマのクローンです。

思い返せば「骸骨の巣」のクエストだかなんだかで、モントロが「若いからだが欲しくないか」とグマに向かって不適なセリフを吐いておりました。
ソウルガード取得クエストの中で「(グランディスは)この世に生まれてたかだか2年やそこら」と話しているので、ゲーム内の年月の流れは詳しくは分かりませんが、そのセリフを吐いたときにはすでにグランディスは生まれていたものと思われます。

初登場はヴァイロンクエスト。
無言で切りかかってくるグランディスは、この時点では単なる戦闘人形ですね。
文字通り、モントロをマスターと呼ぶ、彼の傀儡でございます。

続きはしまいます。
その後、クエスト「審判の日」で、クローンのはずのグランディスはモントロに対し、自我によって反抗します。
どうやらモントロのクローン技術は高性能らしく、「本物のグランディスの自我」が、少しだけ残っていた模様。
未だに記憶忘れたままのエデュアルド空気嫁

「魔獣ユルゲン」クエストで

「大公があなたを見てどんな反応を見せるか楽しみです」

とモントロが悪趣味なことをかましていたので、身体能力や美貌、そしてフェリペ大公(イオンの親父)への嫌がらせつーかなんつーか……そういうのを諸々含めて、グランディスをクローン化したんでしょうか。
「審判の日」で、グランディスの中に自分の魂を移行するとも言ってましたけど、ほんとに変態だな、モントロは!!!

モントロが倒れ、自我が目覚めたとはいえ、記憶も曖昧なのに、一気に宿無し・主君無しになってしまったところから、編入クエ=曖昧な記憶を思い起こす旅がスタート。
未だに記憶忘れたままのエデュアルド空気嫁

ちなみにこの時点では、グランディスは自分を「本物のグランディス」と思っている模様。

まずは、グランディスの生い立ちから。
コチラも参考にしつつまとめてみたいと思います!

※ゲーム内だと今何年なんだろうなーという基本的な部分が分かってないですが、年表に1533年とあるので、
「1533年頃」とします。

グランディスの生まれはベスパニョーラ。
grandis_memory02.jpg
リボが建設されたのは、「1497年」。
この年に家族で新大陸に渡ってきましたが、両親がコイン→リボ移動中にモンスターに襲われ死亡。
1人残されたグランディスは、リボルドウェで傭兵として生きていくことになります。

grandis_memory05.jpg
ボネのセリフから、当時グランディスは13歳。

バカ貴族の依頼で、カピバラリーダーを倒してきたのが
grandis_memory10.jpg
14歳(1498年)。
この頃から、
grandis_memory11.jpg
イノリー出身の体がでかい=クラウドボネ様のことですね。
ボネの悲哀は別項で。

そして
grandis_memory03.jpg
グライスやエミリアクエで出てきた「テトラ大遺跡の崩壊事故」。
(※話してるのはジャックさん)

これがあったのが、
grandis_memory04.jpg
1502年で、グランディスは18歳頃。

でも、これちょっとおかしい……
ジャック、三年戦争にブリスティア軍人として従軍したはずなんだけどな……(※三年戦争・バレアレス海戦は1519年)

ま、いっか(・∀・)

ちなみに、この、4.3事変がきっかけで「レスキューナイト」が出来たそうですよ。

その後、1505年にオーシュが建設され、少なくともそれ以降のこと。
ある日、リボルドウェに街の男たちが出稼ぎに行ってる間に、モンスターの襲撃を受けてしまいます。
それをキリッと、アーケードで鎮圧させたのが、当時少なく見て、最低で23歳頃のグランディス。
grandis_memory07.png
いやいや、提督あんた何歳ですかっ!
今後の複線となるのか、単に人選ミスってるのか……
多分後者じゃねぇかなと思ってます。

新大陸で黙々と開拓を進めていたグランディスに、本国ベスパニョーラからお呼びがかかったのが、年表によると1513年。
単純計算でまだ29歳頃のはずですが、公式にはこうあります。

「40余年の歳月は詩人を夢見ていたごく普通の少女グランディスを伝説的な開拓者へと変えていった」

まだディスさん、アラサーですよ!!!
しっかり!運営!!

そして、ベスパニョーラへ渡ったグランディスは貴族の称号を受け、
grandis_memory13.jpg
孤独の中で(´;ω;`)ブワ

青い髪のフェリペ大公(イオンの親父)と恋に落ちるのであった……
grandis_memory17.jpg
イヤリングつけるとモヤモヤするんだって!!かわいいのお……

めでたしめでたし!

……と行かなかったのは、モントロも言ってましたが、貴族とはいえグランディスがやれそれと簡単に会えるような立場の人間ではなかったということと(※フェリペ大公は、前ベスパニョーラ国王の甥っ子です)、
あと多分、すさまじいスケコマシだったということ(これもモントロ談)、

そしてなにより
grandis_memory26.jpg
これですね!!

そして、1519年、グランディス35歳頃に、ブリスティアとの戦争―三年戦争―勃発。
それに伴い、本国へ連れ戻されるグランディス。

年表にはこうあります。

「いつの間にか30歳になったグランディスも例外ではなく(ry」

(゚Д゚) ?

「40余年の歳月は詩人を夢見ていたごく普通の少女グランディスを伝説的な開拓者へと変えていった」
これ↑どこ行ったwww
多分クエ内容から行くと、35歳頃です。

グランディスは、救援を目的とした「レスキューナイト」として参加してたようですが、
grandis_memory20.jpg
フェリペ汚い、これは汚い。

3年後の1521年・グランディス38歳頃に戦争はベスパニョーラの勝利という形で終結。
ジャケン収容所の人体実験やら、「あらゆる非人道的な手段を動員する政策に、彼女は失望」(年表引用)

でも、失望しつつ、やっぱりどこかで愛してはいたんでしょう。
この時にいつの間にやら娘を授かって、秘密裏に産んだそうな。
生むかどうするか、忠誠や名声に恋の行方……苦悩やらで白髪になったのかなと踏んでます。

(´;ω;`)ブワ

1523年、40歳で新大陸に帰還。ここからグラングマと呼ばれるようになったようです。
その帰還を待ち望んでいたであろう、イノリー出身の体のでかい鍛冶屋に、生まれた一人娘を託し、本人はレスキューナイトとして開拓の最前線に身を置いたのですねぇ。

このクエは、ボネのイケメン度合いとグランディスへの愛が炸裂してました。
grandis_memory18.jpg
grandis_memory19.jpg
grandis_memory06.jpg
(´;ω;`)ブワ

それを受けたグランディスの反応↓
grandis_memory08.jpg
grandis_memory09.jpg

カーン

でもでもでも
grandis_memory12.jpg
だそうです。
言ったのはクローンだけどね……。

クレアは1521年頃の生まれとして、今1533年だとするなら12歳くらい?
え、完全に幼女じゃないすか。
いいんですか、仕事させて……w

そして、クローンに勘違いされた、スケコマシフェリペ大公の息子・イオンの失礼発言3連発。
grandis_memory14.jpg
grandis_memory16.jpg
grandis_memory15.jpg
ちょっとは自重しなさいよ、アンタ。

というわけで、グマさんは今50歳頃、開拓者グランディスは38歳頃の姿、赤毛ちゃんは20代くらいの設定でしょうかね。
年代記の1519年に30歳を取ってしまうと、ボネのセリフの50台にはならんので、多分合ってると思います。

記憶をたどっていく上で、「自分はグランディスじゃない別人」と自覚するに至る赤毛ちゃん。
グマに認めてもらうために、戦いを挑み、勝つとこう言われます。
grandis_memory22.jpg
grandis_memory23.jpg
grandis_memory24.jpg
いやー開拓者グランディス、ちゃんと考えられてるんですね。
固有もすさまじい体力ステータスも、このセリフに基づいたものだったんだなぁ。
赤毛に「老練」はちょっと違うような気もするけどw

ブリンガーは、教本の説明読んでないのでなんですが、
モントロドロップというところを鑑みるに、あの変態が赤毛に魂を移した後、自分で使うように開発したんじゃねーかと思ってます。
「ソウルブリンガー」=直訳で「魂をもたらす」だしなぁ(違ったらサーセン)

grandis_memory25.jpg
そして、「ソウルガード」は、突撃マンセーだったグマさんが、自分の体を守れるように作った模様。
結局自分の体を守りつつの戦闘は性に合わなかったんですね!!
だからハンギング使ってるのか。
読み返して納得。

と、まぁ本能の赴くままに赤毛年表をかましてみましたが、えっらい画像加工疲れましたorz
色々突き詰めて調べていくと楽しいので、またやってみようと思います。
需要はなさそうですが、自己満足でええんや!!

というわけで、このへんで!

0 Comments

Leave a comment