リボルドウェからこんにちは。

オンラインゲーム「Granado Espada」の日々徒然日記です。

中尾に一言(どころじゃなく)物申す。その1

呼び捨てです。

復帰してからは半年ほどですが、この前に2011年から3年ほど続けてやっていました。
ほとんどINしなくなったのは、サーバー統合後の秋ごろから。
母の病だったり人間関係だったり理由は色々です。

ちょうど∞(神人の森)アップデートの前で、そのまま年が明けて5月に離れたので、
アルモニア放置でのドインフレ爆誕の瞬間には立ち会っていません。
立ち会ってないけど書いちゃうもんねー!

たまたまINした時に、何があったのかレベルでマケの値段が超絶高騰していて、
フレさんに話を聞いてみたら、アルモニア放置でVisが稼げるとのことだった記憶です。

逆を言えば放置が出来なければインフレに対応できなかったという感じなんでしょうか。
幾分その時代を知らないので推測ですが、多分そういうことだったのでしょう。

どれだけの方が離れたのか。
想像するしか出来ませんが、相当数だったんではないでしょうか。
買いたいものが買えないっていうのは、どうしようもないですから。

遺跡のハード実装時、もしくは元からだったかもしれないですが、
「強い人が更に強くなるためのアップデート」を繰り返しすぎている感がします。
遺跡ハードも最初3人しか入れなくて、同じ党でも行ける人行けない人との差が出てしまっていたでしょう。

それでも、そのくらいまではまだ、差はガチャや課金でひっくり返せる範囲ではあったんじゃないかな。
装備のチケット化は当時すでに実装されてましたが、バレロンや消失剤が有料アイテムでしたし、
失敗でまだ強化値が下がっていた時代でしたしね。
+6が主流の時代だったと思います。

※2013/7アップデートで強化失敗低下廃止、10月に遺跡H実装でした。お詫びして訂正致します。

ちょっと調べてみたら、ダイヤの有名な超絶課金者の方が引退かな、されてるとのこと。
あーね~……

∞アップデートでバレロンや消失剤をルーレットにいれこむようになりましたが、
結果的にこれが重課金者を潰してしまったんじゃないですかね。

私はその方とお話を実際したことはないけれど、人間心理として、なんで金を出すかって、
ちょっと誤解のある言い方かもしれないですが、
「優越感を感じたい」ってところあるんじゃないかと思うんですよ。
そりゃそうですよね。対価は欲しいですよ。
金出す以上ね。
金を出すにはそれ相応の理由がありますよね。

皆が持っていない強化値の武器を持ってる、故に強い。
皆が持っていないスタンスを持っている、だからこれをクリア出来る。対人で強い。

それが顕著過ぎて批判されてたところも確かにありましたが。
課金主義は私がやり始めた時からずっと言われてはいましたし。
でも、個人的には、課金者に恩恵はあるべきだと思っています。
無課金者より秀でて当然というか、むしろそうじゃないと金出す意味がないんじゃないかと。

運営さんにとってグラナドはボランティアじゃなくて商売ですから。
お金を出して貰わないといけない訳です。
お金を出してくれる人がいないと商売として成り立たない。
成り立たない=運営が維持出来ないってことになります。
言ってしまえば、課金者がいないと、無課金者はグラナドで遊べなくなってしまう。
 
強化の有料アイテムの実質無料化は「弱い人が強い人に並ぶためのアップデート」じゃないの?
そう思う方もいると思います。
私も強化アイテムがルレに入ったと知った時は「やりおる」くらいに思ってました。
その時はもうほとんどINしていなかったので恩恵は受けていないですけどね。

でも。

強い人にもルレで強化アイテムは出るわけです。当たり前ですが。

遺跡ハードで装備の差が出始め、それに連れて遺跡ハードに行ける人たちの
所持金も増え始めてたんだと推測しますが、
無課金主義であれば、課金者がRMで買って流した強化アイテムを買うしかなかったのが、
ミッションをこなせばこなしただけ手に入るようになって、
手に入れば入っただけ強化が出来て、上のミッションに挑戦出来て、
結果的に無課金でも最上位装備が手に入るようになったわけで。

そこへきて止めのアルモニア放置稼ぎだったんじゃないかと思います。
時間を使える上位者ほど、課金する必要がなくなっていったというか。

実際、以前は課金をしていたけど、∞⇒アルモニアとアップデートが進むに連れて、
無課金になったという方を知っています。
ゲーム外でお話させてもらってた方なんですがね。めっちゃ強かった方です。
放置で稼げる、ミッションで稼げるとなると、総合的に社会人には不利ですよね。
その方は働いてらっしゃいましたけど。

放置出来ない、日中は仕事、そういう方が、何万、もしくは何十万掛けて強化した装備を、
無課金で手に入れられる時代。

無課金者が強くなるのはおかしいという話ではないけれど、
課金者が「金を出す意味」は見出だせなくなるよなぁと。
バレロンを買って流してVisを作ってた人も少なからずいたと思いますしね。
その頃には、ちょっと課金したくらいじゃすでに装備差や所持金差はひっくり返せなかったんじゃないかな。

「金を出す意味」は見出だせなくなる。
そうなると困るのは運営さん。

収入源の一部だったはずの強化アイテムを無料化したわけですから、
困るもくそもねーよって話かもしれないですが、
ここらへんのビジネスモデルもものすごい謎ですね。
自ら収入減らすような真似をしていくという超絶謎行動。

「艦これ」をモデルにしたとは中尾が言ってましたが。
∞アプデの時だったかな。
インタビューでそんなん言ってました。

「艦これ」は、今の時代には画期的だったのでしょうね、有料ガチャがありません。
キャラは全部ゲーム内で手に入りますし、装備もそうです。
ステータス的に最強の戦艦大和も、武蔵も、46cm三連装主砲も。
受けたのはそういう部分も多大に大きいと思います。
ただ、大和や武蔵はアホみたいに資材を使う無料ガチャしないと今は手に入らないので、
その資材を貯める時間の取れない層からすれば課金で出して欲しいというところもあるでしょうが。

課金要素といえば、GEで言うところのバラック拡張に、
修理のための枠の拡張、詳細はぶっ飛ばしますが、カンストキャラと結婚するための指輪、
あとは艦隊を動かすための資材や修理剤、回復剤、特殊な家具を買うためのアイテム、装備改修のためのアイテムくらい。
(装備改修はGEで言うところの強化です)

資材や修理剤、装備改修用アイテムはゲーム内で日々増やせる手段があります。
特殊な家具を買うためのアイテムや回復剤はイベントやクエストで貰えたりします。
なので必須というか、無課金ではどうしようもないのは前3つくらいですか。
バラック拡張アイテムと修理枠拡張アイテムが主要の収入源というのはどこかで見ましたが、
ゆっくりやる分にはそれも必要ないかもしれません。
ないとキツイですけどね。かなりね。

そういった中で、じゃあどんな層が資材とか回復剤とか買うのかといったら、

イベントを最速でクリアを目指すいわゆるRTA勢や、
ランキング上位になるためにとにかく通常海域をグルグル回ることに重点を置くランカー勢です。

時間の短縮をするために、一番早くイベントを抜けるという優越感、
ランカー装備を貰うという優越感のために買っていくわけです。
それこそすごい方は1イベントで平気でRMを100K単位で使ったりってのもあるみたいですね。
必須ではないからか、単価が高いんですよ、艦これのアイテム。

後は、アニメだったりグッズだったり、ゲーム以外のいわゆるメディアミックス収入。
課金要素を排除出来ていたのは、これが見込めたことも大きいのでしょう。

それをメディアミックスをやっていないGEが形だけ真似したところで破綻がおきないわけがないんですが。

一度無料にしたものを有料に戻したらユーザーの離れ方は尋常じゃないでしょうし、
でも運営としては課金してもらわなきゃ露頭に迷う訳で、そうなるともうがむしゃらですよね。
とにかく金を出してもらわないと!と。

今まで何十万何百万出してた人たちを切り捨てるような真似、有料アイテムの無料化、
一部の課金者が金出さなくても良くなるようなアップデートをしてしまった訳ですから、
そこの補填をしなければいけなくなるわけで。
ベルニエは実装後すぐチケットをガチャに突っ込んだそうですけど、
その背景は多分こんな感じだったんでしょう。

「有料アイテムが無料になったのは良かったけど、敵の等級高すぎ」っていうのは矛盾してます。
前者の結果が後者だと思いますね。
敵の等級を爆上げしたのはそれと、
「敵が強くなればそれに対抗するために課金する人が増えるだろう」みたいな、
至極短絡的な視点もあったんじゃないかと。

常々疑問なんですが、運営さんは課金額以外の統計的なものを果たして取っているのだろうかと。
どの層が多くてーとか、どのミッションがよくやられててーとか、
等級これ以上の層はどのくらいでーとか、そういうのをデータとして残してるんでしょうかね。
残してたらこんなことやんねーか!だよな!(自己完結)

大半が推測ですが、当たらずも遠からずじゃないかと思ってます。
畑の全く違う「艦これ」を手本にしたのはほんとに悪手であったと思いますね。
たらればはないですけど、もし手本にしていなかったら、今はどんな未来だったんでしょうか。

「その2」は現在のGEについて。復帰後からの感想を細々書いてみようかと思います。
長々と書き連ねまして大変読みにくくて恐縮です。
お読み下さった方、有難うございました。

0 Comments

Leave a comment