リボルドウェからこんにちは。

オンラインゲーム「Granado Espada」の日々徒然日記です。

女が恋に狂たらなぁ、歴史のひとつやふたつはひっくり返すんじゃ!(またGE関係ない話)

先日、休憩所で若干下ネタ話になり(職場で何をしているのか)
マネージャーに「よーし★相手してもらっちゃおうかな」と突如ぶっ放されて大爆笑した、どうもヴーすけです。

爆笑したのは、その数日前に違う人にも言われてたからw
どちらも完全にジョークで言ってるんですけど、そこ被るのかとw

セクハラセクハラうるさい世の中ですが、楽しい下ネタなら……
というより、あまり女として認識されていないらしく、私いるのに、かわいいなんてもんじゃない
下ネタぶっ放されたりもしますが、まぁエロは大事ですからね!
女同士だと正直セクハラの比じゃないレベルの下ネタ話したりしますしねw

さて、これもつい先日、Twitterのトレンドに「土方」が挙がっていて、
なんだ!?新しい写真でも見つかったか?と思ったら、ソシャゲの話でした_(:3 」∠)_

ほら、去年、斎藤一(昨今はるろ剣で有名デスネ)の写真見つかったじゃない?
その流れでこう、見つかったか?なんて思ったんですけど。
ちごた。

そのソシャゲ、やってないので詳細はよーわからんですけど、沖田も実装されてて女性なんですよね。

どこの「幕末純情伝」かと。

「幕末純情伝」はつかこうへいさんの元は小説で、映画になったり、舞台になったりしてるものなのですが、
沖田総司が女っていう設定なのですな。
映画のキャッチコピーは「沖田総司はBカップ」(爆)

その映画の中で、坂本龍馬(演じるは世界のKEN WATANABE)が言うセリフが今日のタイトルです。
女は男の3歩後ろを黙ってついていくもの~みたいな価値観だったであろう世に、
このセリフを坂本龍馬に言わせたというのが、いいですよねぇ。

私この作品好きなんです。
設定勝ちというか、「風光る」とか「天まであがれ!」とか、新選組に女性が正体隠して入隊してってのはあったりしますが、
(どちらもヒロインの恋の相手は沖田総司)沖田自体が女性っていう設定にすごく惹かれます。
なんでだろうw

沖田はイケメンだったわけではないようですけど、土方さんはイケメンですよね。
役者のような良い男と当時から言われてて、超モッテモテだったみたいで。
それを自慢する手紙を故郷に送っちゃったりしてるお茶目さを見れば、
そりゃ嫌われ者の新選組の中にいてもモテるわなぁ、なんて思ったりして。
こう書いてみて、なんとなく自分の中のイメージの土方さんは、リヴァイ兵長に近いかもしれない。

そのソシャゲのキャラの幕末のバーサーカー?土方の画も見ましたが、
フランス式士官服を着た有名な写真をちゃんと踏襲してるのですね。
懐中時計の鎖にホルスターに刀に断髪。

ここまで書いて、バーサーカーってなんやねんと調べたら、なるほど。
「狂戦士の英霊」とな。

「狂気的ともいえる在り方や行動をとっている」
古高俊太郎の拷問があたるんかな。
蔵の2階から逆さ吊りにして足の甲から五寸釘打ち込んで足の裏から出たところに百目ろうそく立てたってやつ。
確かに狂気的。
足の甲から五寸釘……想像しただけでいてぇ。

そういやリヴァイとハンジさんもすげーことやってたなぁ……
やっぱり被る、兵長と副長。

このソシャゲ、シュヴァリエ・デオンとかもいるんですね。
世界観はわかりませんけど、著名な歴史上の人物使って遊ぶのかな。
の割にデオン可愛すぎない?とかありますけどw
土方見るに結構凝ってそうだし、勉強になりそうな気がします。
やらないですけど。

シュヴァリエ・デオンは、「うしおととら」藤田和日郎先生の「黒博物館 ゴーストアンドレディ」で、
そういう人物が実際いたってのを初めて知ったんですが、
「漫勉」で、このデオンの顔が決まらないと何度も何度も書き直してるところが放送されました(動画2本目)

手元にあった本には、もう完成している絵が載ってるわけですが、ものすごいこの絵覚えてたんです。
それがこの書き直しの果てに生まれていたものとは露知らず(その書き直しの仕方……というか藤田先生の画の書き方が豪快すぎて本放送時結構反響あったようですがw)
デオンといえばこの顔が浮かぶレベルで記憶にありました。
すごいですね、漫画家さんって(こないだからこればっかり)

あぁあああぁ、ながやす先生の回、録画したままだ( ;∀;)見ないと!

次回は多分GEの記事です。

0 Comments

Leave a comment